MENU
ボトルライフ
マイボトルのある生活をもっと身近に
節約のために始めたマイボトル生活が楽しくなり、今ではたくさんのボトルを使い分けるほどに!
ステンレスボトルがもたらすメリットを余すところなく紹介します。

パッキン一体型で食洗機OKになったシームレスせん水筒が「洗うのめんどくさい」を解消【SM-RS,SX-JS】

当サイトにはプロモーションが含まれています
パッキン一体型で食洗機OKなシームレスせん水筒が「洗うのめんどくさい」を解消【SM-RS,SX-JS】

パッキン一体型で取り外す必要のない水筒「象印シームレスせん」

手洗いに便利なこのシームレスせんステンレスボトルが、食洗機対応になりました。

毎日洗うのめっちゃラクできる!

新しくなったシームレスせんのメリット等を紹介します。

この記事はこんな人におススメ
  • パッキン一体型で食洗機対応の水筒が欲しい
  • 毎日のお手入れを限りなくラクしたい
  • デザインもたくさんの選択肢から選びたい
目次

パッキン一体型「シームレスせん」の特徴

シームレスせんの特徴
  • 洗う時に取り外しの必要がない
  • 洗った後の「迷子パッキン」や、複数ある時の「パッキンパズル」が発生しない
  • 付け忘れてカバン中で漏れる心配がない

シームレスせんとは、象印マホービンから発売されているパッキン一体型のステンレスボトル。

パッキンがフタと一体化しているので、洗う時にいちいち取り外したりすることもなし。

またパッキンをつけ忘れてカバンの中で漏れたりする事故もなくなります。

シームレスせんは洗いやすい?洗いにくい?

じゃあシームレスせんが洗いやすいかというと、必ずしもそうじゃなかったんです。

水筒のフタってでこぼこしてて、スポンジが届かなかったりしてちっちゃいブラシが必要だったり。

洗う時の取り外しの手間がなくなっただけで(それだけでもかなりうれしいんですが)、洗いやすいかというとそうとは限らない。

シームレスせんはスクリュータイプやハンドルタイプなど様々。

手洗いで洗いやすい形状のものから、凹凸の激しく洗いにくいものまであります。

スクリュータイプはフタに深い溝があり
スポンジじゃ洗いにくいかも

ハンドルタイプはフタ側が出っ張って
スポンジでも洗いやすい

でも新しいシームレスせんは、食洗機対応!

フタがどんな形状でも食洗機におまかせ。

毎日のお手入れがめちゃくちゃラクになります。

これでホントに食洗機に放り込むだけでOKに!

パッキン一体型と食洗機対応はベストマッチ

今までのシームレスせんは、

  • スポンジで洗う
  • スポンジじゃ届かないところを専用ミニブラシで隙間を洗う

って感じで、スポンジじゃ届かない隙間があるから二度手間でした。

もちろん従来のものよりははるかに手間が少ないんですけどね

じゃあ他社の食洗機対応のステンレスボトルはどうかというと、

  • パッキンを外す(←もうこれがツライ商品も)
  • パッキンは小物カゴにいれる
  • 食洗機に入れて洗う
  • 乾いたらパッキンをつける(←つけ忘れたりねじれたり……)

ってな感じで、パッキンを取り外す・取り付けるという手間がめんどくさい!

パッキンはそのまま入れられないから小物カゴに入れる手間もあったり。そのまま食洗機に放り込めばいいってわけじゃない。

手洗いより簡単かもしれないけど……

でも新しいシームレスせんなら、

  • 食器洗い機に放り込む

だけ!

パッキンがないからいちいち小物カゴを使わなくてもいいし。

毎日のお手入れがホントにラク!

シームレスせんのその他のメリット

「パッキン一体型」+「食洗機対応」だけじゃなく、他の性能もさすがの象印です。

  • ハンドルタイプで開けやすい
  • 高い保温・保冷機能
  • スポーツドリンクOK

ハンドルタイプで開けやすい

今回食洗機対応になったシームレスせんはハンドルタイプの回転フタ。

ハンドルタイプは持ち運びしやすいだけじゃなく、内圧差で開けにくくなったボトルも開けやすい形状です。

残念ながらワンタッチオープンやフリップタイプのフタはまだ食洗機対応していません。
今後に期待ですね。

高い保温・保冷機能

保温・保冷両対応。シーズン問わず使えます。

もちろん安心の象印マホービン。保温・保冷機能は高性能です。

今回のシームレスせんはフタも断熱構造になっていて、温度保持のみならず結露も防止します。

6時間で保温71℃以上、保冷8度以下(0.5Lサイズ)

スポーツドリンクOK「ラクリアコートプラス」

塩分が含まれる飲み物もOK なコーティングで、汚れも付きにくいです。

また飲み口も丸みのある加工がされていて、口当たりもなめらか。

食洗機対応のシームレスせんは選べる2タイプ

新しく食洗機対応になったシームレスせん水筒はステンレスマグ<SM-RS>とタンブラー<SX-JS>の2種類。

保温性能などに大きな差はありません。

どちらがいい?

ステンレスマグSM-RSは保温保冷力が抜群。フタの凹凸があるため、手洗いだと洗いにくいかも。

タンブラータイプのSX-JSは手洗いでも食洗機でも洗いやすい。でも飲み口が外側に出るので気になる人はステンレスマグの方がおススメ。

スクロールできます

SM-RS
保温保冷力が高い
比較的軽い
xxxはできない

SX-JS
口径が広い
手洗いでも洗いやすい
口当たりがよくタンブラーとしても
飲み口が外側に出る
各製品の比較
詳しいスペックはこちらをタップ

今回の新しいシームレスせんはホントに食洗機に放り込むだけ!

洗う手間がなくなると続けられるから、節約にも効果的です。

水筒とペットボトルのお茶を比較すると、年間3万円以上の節約効果があるとされています

節約目的でマイボトルを持ったはいいけどめんどくさくなっちゃった!という経験のある人ほどぜひ試してほしいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次