水筒カバーって実はすごかった!?ステンレスボトルの保温力を長持ちさせるコツ

当サイトにはプロモーションが含まれています
水筒カバーって実はすごかった!?ステンレスボトルの保温力を長持ちさせるコツ

保温性のあるステンレスボトルでも、時間がたつと徐々に温度が下がっていってしまうもの。

どうにかして温かさを長くキープしたいですよね。

温かさを長持ちさせるポイントは2つ。

  • 予熱をする
  • 水筒カバーをする

これをしていれば、どんな水筒でも大幅に保温効果を上げることができます。

どちらもはっきり変わるほど効果が出ますよ

目次

予熱をする

ステンレスボトル自体が冷たいと、温かいものを入れても入れた瞬間に温度が下がってしまいます。

なので予熱が必要。

予熱の手順
  • まずお湯をボトルに入れて
  • ボトルが温まったらお湯を捨て
  • その後から飲み物を入れます

お湯自体はマグカップに水を入れて電子レンジで温めれば、忙しい朝でも手間もかからず作れますね

カバーで保温する

どんなステンレスボトルでも徐々に温度は下がっていきます。

それを防ぐのは水筒カバー。

断熱構造のステンレスボトルにカバーなんて効果あるの?って思うかもしれませんが、実際はかなり効果あります。

傷防止の効果もあるので、可能な限りカバーを使用してみましょう。

すっぽり覆うカバーは効果が段違い

ステンレスボトルから放熱する一番の場所はフタの部分。

構造上ここから一番多くの熱が逃げてしまいます。

なので保温目的でカバーを用いるならフタまですっぽりと覆うタイプのカバーを使用しましょう。

お昼にびっくりするくらい保温効果が変わります。

すっぽり覆うカバーにもいろんな種類がありますが、こういった着用したまま飲めるタイプのカバーは本当に便利。

飲むたびにいちいちカバーを外さないをダメならめんどくさいですからね。

便利さを捨てずに保温性能を上げましょう。

保温力を上げるなら本体性能よりカバー

水筒に保温力を求めるニーズは多いです。

しかし保温力を謳うステンレスボトルを買うよりも、ボトルカバーを併用するほうが保温効果が持続します。

もちろん両方使えば最強ですけどね。

「保温効果が凄いけど高価なボトル」よりも、「普通のステンレスボトルにカバー」の方がコストも効果も両方良くなることの方が多いです

「予熱」と「カバー」を使えば真冬でもランチタイムまで温かい状態が続きます。

手間がかかることではないので、保温効果を高めるために実践してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次